サカモトナオトの性感マッサージ & エッチ追及ブログ
サカモトナオト

性感マッサージ&エッチを日々追及しているナオトのブログ

ここは退屈迎えにきて

2019年11月21日
性感マッサージ&エッチ 0

今日は女性側からの視点で日記を書いてみました。

先日ぼくと会ってくれた方を参考にしています。読みにくいところがあるかもしれませんが、大目に見てやってください。

タイトルは好きな本からです。(映画化されたのは見ていません 笑)



わたしがその人と会おうと決めたのは、日々の疲れがピークだったこと、そのうえ彼氏との関係に物足りなさを感じていたからだった。

仕事が楽しいと思えたのもずっと前。接客はわりかし好きな方だ。

でも、同じ時期に職場に入った同僚が辞めてしまってからは、辛いと思うことが多くなった。

それ以来、ずっとその負担はわたしが担っていて、たまにやりきれなくなる。

彼は背が高くて物腰も柔らかい。その雰囲気と、一緒にいて落ち着くのもあって、付き合ってから2年以上になる。

性格も合うと思っているけれど、さいごに肌と肌で直接触れ合ったのはいつだろうと思うと切なさがこみ上げる。


別に焦っているわけではないけれど、それなりに結婚もしてみたいと思っている。

好きだと思えるから一緒にいる。けれども、何もしてこないのはどういう料簡だろうと、少し怒りに似た感情が芽生えてくる。


何度か気持ちをぶつけてみたけれど、なんども言えるほどわたしは強くも弱くもない。


いつものようにスマホを眺める。マッサージでも受けようかと思っていると、ふと女性向けサービスが目にとまる。

しっかりしてそうなものから、少しがさつなものまであり、よくわからない世界。

でも、わざわざお金を払うのはむなしくなりそうでとても無理だった。


前に友達がサイトで知り合った人と関係をもって、それなりに楽しかったと言っていたのを思い出す。

聞き覚えがあるサイトを見つけて眺めてみた。
わたしは好奇心が強い方なのかもしれない。


いろんな人がいるみたいだけど、ある程度経験がある人のほうがいいと思った。


とある日記に目がとまり読んでみる。


何となくそうして欲しなと思えるようなことが、そこには書いてあった。
この人ならわたしを少し癒してくれるかもしれないと直感で思った。


その日記の主『ナオト』 という人に会ってみることにした。


何となく顔写真から雰囲気は悪い人ではない感じが伝わってきたけど、実際に会うまでは少し緊張していた。


『はじめまして、ナオトです。』


柔らかい雰囲気の人だなと思えた。


出会ってそのままホテルへと向かい、緊張感と期待感が入り混じる。
普通のマッサージはあるけれど、性感マッサージは初めてだった。


ホテルは明るくて綺麗で、かえって爽やかに感じてしまうようなつくりだった。

中に入ると、リラックスできそうな音楽を流してくれた。
不慣れではなさそうだと思い、少し安心する。


そして、アロマオイルを取り出して見せてくれた。

小さい瓶に入っていたのが、なんだか不思議ともったいなく思いつつ、いよいよだという期待感が少しずつ湧いてくる。


少しずつリードしてくれるナオトさん。

出会ってまだ1時間もたっていないけれど、軽くハグしてくれたり、髪を優しくなでられると、恥ずかしくもドキドキしてくる。


わたしが先にシャワーを浴びると、こうしてホテルでのエッチも久しぶりで、体の準備をするのも少し懐かしい。


いよいよ始まるのだなと思うと、日々の疲れやわだかまりを今から少しばかりは消えてくれることを願う。


ナオトさんもシャワーを浴び、いよいよベッドへと向かう。


『じゃあ、うつぶせになって楽にして』


そう優しく言われると、これがマッサージなのか、それとも違う世界のもののようにも思えてくる。


これからわたしは少しだけ解放される。


つづく

ダウンロード
スポンサーサイト
[PR]

気に入ったらシェア!

サカモトナオト
この記事を書いた人: サカモトナオト
名前  サカモトナオト
年齢  30代
体系  スリム
身長  179㎝
髪型  短めツーブロック
職業  会社員
住まい 大阪/西宮
趣味  ゴルフ、カフェ巡り
服装  カジュアル、スーツ系
性格  フットワーク軽め、楽しいこと好き
食べ物 肉、魚、豆腐が好き
お酒  ビール、日本酒が好き

コメント0件

コメントはまだありません